歴史

山形蔵前身「東海林酒造」について

山形市にて「東海一」を醸造していた東海林酒造は、「金時」醸造元であった中村酒造を譲り受け、東海林益夫氏が昭和初期に創業しました。二代目の東海林新太郎氏には後継者がおらず、昭和から平成に替わるころ、東海林酒造はその歴史を閉じようとしていました。

新太郎氏は、酒造りに適した清らかな水と熟練の蔵人が持つ技術を絶やすことなく、継承して欲しいとの思いが強かったそうです。

そこで、弊社は蔵と蔵人をそのまま譲り受け、山形蔵を開設しました。
清らかな水を使い、天童の蔵と変わらず手造りで日本酒を醸し、今でも日本酒が香る酒蔵を守り続けています。

history-1990.jpg

脱酸素装置の開発

ページトップへ