開催中の展示

開催中の展示

桜の美展

2019年3月15日(金)~5月19日(日)

 花咲く春を迎え、恒例の「桜の美展」が始まりました。花と言えば桜、春と言えば桜といわれるように、春の訪れとともにいっせいに開花する桜は日本人の最も愛する花で、古来より文学や絵画、工芸に取り入れ親しんできました。
 出羽桜美術館もその名のとおり桜を愛し、桜花をモチーフにした美術工芸品をコレクションしております。今展では濁手の素地全体に桜花を描いた柿右衛門様式桜花文瓶や柿右衛門様式鉢、瓜形の古九谷黄桜文小壺、蒔絵文箱、誰が袖屏風等の作品をご紹介いたします。
 また、心を込めて作った色とりどりの『つるし飾り』も数多く展示し、春らしさを演出しています。豪華絢爛、華やかな美術館でお花見をお楽しみください。

museum2019-1.jpg

ページトップへ