受賞歴

2016年全米日本酒勧評会16年連続金賞

全米日本酒勧評会

国外で開催される日本酒歓評会では、最大規模を誇る「全米日本酒歓評会(ジョイ・オブ・サケ)」の審査結果が公表されました!!

「大吟醸A(精米歩合40%以下)」「大吟醸B(同50%以下)」「吟醸酒」「純米酒」の4部門に、全国の蔵元から過去最多となる407銘柄が出品されました。出羽桜では、出品した全7銘柄で金賞を受賞いたしました!

中でも、金賞受賞銘柄の中から『出羽桜 大吟醸酒』が「大吟醸A部門」のグランプリを獲得いたしました!!

また、「大吟醸B部門」で『純米大吟醸 一路』が、「吟醸部門」で『純米吟醸 出羽燦々』と『純米吟醸 雄町』が準グランプリを獲得です!

県別に見ても、山形県の日本酒は23銘柄で金賞を受賞するという、全国最多の受賞となっています!改めて山形県の酒造技術の高さが認められた形です。今回で16回目の開催となりましたが、出羽桜では、初年度より挑戦を続け、16年連続で金賞をいただいています。この受賞を励みに、今後益々の努力を重ねてまいります!

全米日本酒勧評会

ページトップへ