受賞歴

2018年東北清酒鑑評会 優等賞受賞(通算72回)

平成30年東北清酒鑑評会(仙台国税局主催)の審査結果が発表になり、「吟醸酒の部」にて本社蔵、山形蔵の両蔵で優等賞を受賞することが出来ました。東北の鑑評会は、全国の新酒鑑評会よりも受賞が難しいと言われている、狭き門の品評会です。蔵人が一丸となり醸した酒を評価いただき、大変嬉しく感じております。
秋の鑑評会は、冬造られた酒が夏を越し、豊かに超熟した酒を見る大会です。新酒鑑評会とは違った良さが見られます。今年も酒造りが始まり、続々と新酒が搾られ、蔵は活気に満ちています。今期の酒造りにおいても、皆様に喜んでいただけるよう、邁進してまいりますので、今後ともご支援よろしくお願いいたします。

news-20181115.JPG

ページトップへ