歴史

歴史

西暦(和暦)出来事
1855(安政2)年 仲野清五郎が熊正宗醸造元として酒造業開始
出羽桜のルーツ「熊正宗」
1858(安政5) 初代 仲野清次郎出生
初代仲野清次郎の歩み
1892(明治25) 白梅醸造元として仲野酒造創業
白梅と出羽桜
1901(明治34) 二代目 仲野清次郎出生
二代目仲野清次郎の歩み
1930(昭和5) 三代目 仲野清次郎出生
三代目仲野清次郎の歩み
1953(昭和28) 仲野酒造株式会社として法人化
1961(昭和36) 四代目 仲野益美出生
1969(昭和44) 全国酒類調味食品品評会にてダイヤモンド賞受賞
1970(昭和45) 出羽桜酒造株式会社に社名変更
1975(昭和50) 低温貯蔵蔵「千歳蔵」完成
1980(昭和55) 「桜花吟醸酒」発売
吟醸酒の普及
1982(昭和57) 生酒・長期熟成酒発売
生酒出荷の取組み
1986(昭和61) 初代「出羽桜研修生」研修開始
出羽桜研修生
1988(昭和63) 財団法人出羽桜美術館開館
1990(平成2) 山形蔵開設
山形蔵前身「東海林酒造」
1991(平成3) 氷温貯蔵蔵「酒眠蔵」完成
1996(平成8) 脱酸素装置導入
脱酸素装置の開発
1997(平成9) 輸出本格化
1998(平成10) 精米工場・氷温貯蔵蔵「天空蔵」完成
天空蔵
2004(平成16) 冷温貯蔵蔵「第二酒眠蔵」完成
2008(平成20) IWCにて純米大吟醸「一路」チャンピオン・サケ受賞
全国新酒鑑評会12年連続金賞受賞
2011(平成23) 英国王室御用達ワイン商BB&R社での販売開始
2012(平成24) 出羽桜美術館が公益財団法人に認定
2016(平成28) はばたく中小企業小規模事業者300社に選出
IWCにて純米酒「出羽の里」チャンピオン・サケ受賞
現代の出羽桜

年表詳細へ   

ページトップへ