商品紹介

出羽桜 冷卸(ひやおろし) 蔵涼み

kura-main.png
種類普通酒
精米歩合65%
アルコール度16度
使用米国産米
発売時期9月
希望小売価格
(税抜)
720ml 1,100円
1.8L 2,200円
備考生詰(要冷蔵)

冬に仕込まれた原酒は、火入(加熱殺菌)の後、タンクに貯蔵され、涼しい蔵の中で長い眠りにつきます。熟成によって生み出された「なめらかで優しい飲み口」。
日本人は元来、旧暦の重陽の節句(9月9日)よりお燗酒を楽しんできた民族です。是非「冷酒 ~ 冷や ~ お燗」の幅広い温度で、お楽しみ下さい。

味わいの特徴

dai01.png

dai01.png

おすすめの飲み方

冷やして
5〜10℃
少し冷やして
10〜15℃
 常温  ぬる燗
40〜45℃
上燗
45〜50℃
熱燗
50〜55℃

~ひやおろしとは~

「ひやおろし」とは、厳冬期に仕込んだ酒が、夏を越えてほどよく熟成したことにより、新酒の荒々しさが消え、まろやかでバランスが取れた時期に生詰めした酒です。春に一度火入れし、タンクでじっくり熟成させ、外気温と酒温がほぼ同じになった頃が出荷時期です。秋の出荷前に、二度目の火入をしない「冷や」のまま、大きな桶から樽に「卸して」出荷することから「ひやおろし(冷卸)」と呼ばれるようになりました。

一覧に戻る
ページトップへ