日本の工芸美術

日本の工芸美術

開館30周年記念所蔵秀作展 第三部「日本の工芸美術」

平成30年10月26日(金)~12月16日(日)

 出羽桜美術館には日本の美術工芸のコレクションも多数あります。今回は平安から中世の時代に開かれたとされる6つの古窯、信楽・丹波・備前・越前・常滑・瀬戸で焼かれた陶器や、その後の桃山時代に豊臣秀吉の朝鮮出兵で日本に渡来した陶工たちにより開かれた唐津、茶道の流行、進化に伴い発展した志野、織部の焼き物を展示します。
 また根来と呼ばれる漆器も展示します。根来は朱漆塗の器全般のことを指しますが、元は和歌山県にある根来寺で制作されていた朱漆塗に優品が多かったことからこのように呼ばれるようになったようです。神社仏閣や宮中貴族に使用されたものが多く、使い込まれた跡が独特の味わいを生む"用の美"を楽しむことができます。

ページトップへ