高麗青磁と李朝三島

高麗青磁と李朝三島

高麗青磁と李朝三島

2021年1月5日(火)~3月14日(日)

 朝鮮の高麗(918-1392)・李朝(1392-1910)は、長い歴史の中でそれぞれ独自の美的世界を持ち、優れた陶磁器を作り出しました。
 高麗時代を代表する青磁は、中国の技術を受け入れて制作し、しだいに美しい翡色青磁を創造し、雲鶴文や菊文等の緻密な文様を施した華麗な象嵌青磁を生み出しました。
 繊細な象嵌技法はやがて李朝の三島手に受け継がれ印花、刷毛目、粉引など白い土で化粧する装飾法が行われるようになります。
 館蔵の朝鮮陶磁の中から高麗と三島の名品を展示し、朝鮮の高い文化性や美意識、魅力を紹介します。

ページトップへ